残業代が出ないそんな時は【大阪の弁護士への相談で残業代請求が可能です】

HOME>記事一覧>労働問題なんとかしたい!【残業代請求なら大阪の弁護士におまかせ】

目次

残業代請求で弁護士を頼るなら

会社の為に定時をすぎて仕事をした場合、残業代を受け取る権利があります。ですが会社の中には理由をつけて残業代の不払いを行う所もあります。残業代の不払いは違法な行為です。会社への残業代支払いを請求したい場合強い味方になってくれるのが弁護士です。大阪の弁護士はたくさんいますが誰でも良いというわけではありません。労働問題で悩んでいる人は労働問題に詳しい弁護士事務所尾に相談しましょう。何故なら弁護士によって得意分野が違ってくるからです。また、弁護士に依頼する場合、最終的に依頼内容に応じて報酬を支払わなければいけません。弁護士によっては依頼した内容を完遂できなくても依頼料を請求する所もあるので弁護士費用を抑えたいという人は、完全成功報酬制を掲げている弁護士事務所に相談するようにしましょう。

残業代請求はどんな時にできるのか?

私達が働く職場の環境によっては残業をしなくてはいけない状況の時もあります。残業を行った場合会社側は残業代を支払う義務があります。会社によっては固定残業代制を採用している所もあります。その場合残業代が支払われているからどんなに残業をたくさんしても一定の残業代しか支払わない所が多いです。ですが、残業代を一定で支払っていても支給額分以上の残業をした場合は超過した分の残業代を支払わなくてはいけません。他にも残業代を払いませんと通告している会社に対しても残業代を請求する事はできます。残業代を支払わないという行為は労働基準法違反にあたるからです。入社時にお互いで合意をしていたとしても会社側は残業代を支払う義務があります。また、みなし労働制や裁量労働制を採用していても一日八時間以上、一週間で四十時間を超える場合は割増賃金を会社側に請求する事ができます。

広告募集中