損害賠償請求を考えている人へ【交通事故が原因なら大阪の弁護士に頼ろう】

HOME>アーカイブ>交通事故による損害賠償請求なら大阪の弁護士に頼ろう!

もしも交通事故に遭ってしまったら

車の衝突事故や接触事故などで怪我をしてしまった場合こちらの過失が少ない場合は損害賠償を請求する事ができます。損害請求には積極損害と消極損害の二つがあります。積極損害に当たる請求は主に治療に関する事が多いです。

積極損害に含まれる請求の種類

怪我の治療費

怪我を負った場合病院での治療や入院をした場合、領収書と請求書を持っていれば掛った全額を請求する事ができます。ですが、被害を受けた側が意図的に高額治療や過剰診療を行った場合、治療に掛った費用が事故とは無関係と判断されます。その場合は、一定額は請求できますが、それを超えると請求できません。

入院や通院で支払った交通費

病院への通院や入院の際に掛った交通費も請求する事ができます。また、自動車で通院した場合でもガソリン代や高速料金も支払われます。タクシー利用に関しては特別な理由がない場合請求されません。

入院中に掛かる雑費

入院中必要になった日用品や雑貨なども領収書を発行しなくても請求する事ができます。ですが、一日あたり千四百円から千六百円までという規定があります。これ以上掛かる場合は自己負担となります。

保険会社から支払われる金額にも限界がある?

交通事故

交通事故によって怪我を負った場合、怪我を直す為に手術を受けたり、場合によっては入院が必要になります。また、入院となると会社を休まなくてはいけないので、その分の収入が入らなくなってしまいます。また、事故の影響で精神的なダメージを負ったしまった場合は、怪我の治療をしながら心のケアもしていかなくてはいけません。事故は加害者よりも被害者の方が損害が大きいです。事故の相手側の過失が大きい場合、状況によっては相手に損害賠償金を支払ってもらう事ができます。相手側が任意保険に加入している場合は保険会社と話し合って損害賠償で支払われる金額を決めますが、保険会社によっては正当な金額を提示してこない所もあります。支給される損害賠償金について疑問を感じた人は、専門の弁護士に一度相談してみましょう。弁護士への相談をする場合は無料相談を行っている所がおすすめです。

依頼する弁護士はしっかり選ぼう

交通事故

事故で加害者側に損害請求をする場合確実に損害賠償金を獲得したいという人は任せる専門弁護士もしっかりと選ぶ必要があります。その理由として選んだ大阪の弁護士によっては示談交渉が長引く事を避ける為に裁判事例の基準以下の金額で相手側の保険会社と合意してしまう人もいるからです。弁護士を選ぶ場合はこちらの希望をしっかりと聞いてくれるかも見ておきましょう。

広告募集中