【遺産相続時の強い味方?】相続税が不安な時は世田谷の税理士に依頼しよう

親の遺産が残されていたら

親の死後遺産が残っていた場合、その遺産はその子供や親族で分配しなければいけません。遺産が金銭や土地の管理署だった場合、兄弟やいとこ同士で揉め事になってしまう可能性があります。トラブル無く安全に遺産相続を済ませたいという人は世田谷の税理士事務所にお願いするようにしましょう。また、遺産相続の専門として行える所は税理士以外にも弁護士、行政書士、司法書士がいます。今回はこの三つの中から弁護士と税理士の違い比較してみました。

弁護士と税理士は遺産相続でどんな働きをしてくれるのか?

税理士の場合

遺産相続を相続する場合相続税というものが掛かります。相続額によっては納税額が高くなってしまう可能性があります。そんな時に活躍するのが税理士です。税理士は税に関する専門家です。相続時に発生する相続税対策を主に行ってくれます。

弁護士の場合

遺産相続で誰が相続するのかで揉めてしまいまそうな時に活躍するのが弁護士です。また、トラブルの専門家である為遺言書作成時もトラブルを回避するような文書の遺言書を作成する事ができます。

相続税の事で心配になったら

遺言書

相続税の有無に限らずそれ以外に必要な申請や申告に必要な書類には専門的な知識が要求される事が多いです。もしも自分で行うのが不安な場合は税理士に相談してサポートしてもらいましょう。

相続税を抑えるポイント

夫婦と男性

遺産を相続する時に発生する相続税を抑える為には生前対策が重要になってきます。まずは相続される遺産がどのようなものか、どの位あるのかを把握するのが一番の重要ポイントです。なので亡くなった人の株式がどの位あるのか、相続財産の中に不動産や土地は含まれているか、株や預貯金、へそくりの有無も調べておきましょう。遺産の量や額から税理士は税がどのくらい掛かるのか計算し対策を考えてくれます。

税理士が行ってくれる仕事

遺産相続を行う為場合、まずは誰が遺産を相続するのか確かめる必要があります。相続者を探すには戸籍類が必要になってきます。ですが、自分達で戸籍類から関係者を探すのはとても大変です。税理士は戸籍調査を行ってくれるので相続人がどの位いるのか把握したいという人は税理士に依頼しましょう。他にも遺品整理で見つけたものの中には手続きや申請が必要な場合があります。そのような時も税理士が対応してくれます。

遺品整理の重要性を知ろう

身内の人が亡くなってしまった場合、亡くなった人が遺していった品を整理したり処分したりする事を遺品整理と言います。遺品整理はただ物を整理するだけじゃなく遺品の中には手続きや申請が必要な物も存在します。死亡届の提出や戸籍等の取得、保険会社への連絡、遺産分割協議書の作成等たくさんの手続きが発生します。知らずにそのままにしておくと大変な事になるので早めに手続きをしておく事が大切です。手続きがたくさん必要になるのでそんな場合も税理士がアドバイスや手続きの対応を行ってくれます。

広告募集中